メンタルの鍛え方

週末はずっとテニスのためのメンタル強化について考えていた。

きっかけは50~60代のテニス歴数十年の男性ばかりと一緒にテニスをしていたのだが、ついに心折れてしまったから。

歴の浅い(3年半)女性一人だと男性側としてはアドバイスしたくてうずうずしてしまうのだろう。いくらアドバイスをお断りしてもアドバイスされる日々が続いた。

そして先日メンバーの一人から、「山本さんのサーブはルーティーン(球をつくなどサーブするに至る一連の動作)を見るだけでフォルトするかどうか分かる」と言われたのがきっかけで、その日はもうその人の指摘が怖くてサーブが全然入らなくなってしまった。テニスはメンタルのスポーツというのはこういうところだなと実感する。

どんなにテクニックを磨いても磨いても、萎縮してしまって試合では負けてしまう。ではどうしたらいいんだろう。週末は何冊もメンタルについて書かれた本を読んだり考えたりした。

結局、私の取ることにした行動は3つ。

まず、疲労回復のために敢えてしっかり休む時間を取る。疲れていては集中が削がれてしまうため、元も子もない。なかなか上達しないのでついテニスの回数を増やしてしまい週4日テニスをしている時期もあったが、ここまでくると、もう若くないので疲労が蓄積してしまうと感じた。

2つ目は楽しくないと感じるサークルからはいったん抜けること。レベルも近い同じスクールのお友達と作ったサークルはとても楽しい。もっと「楽しい」という気持ちを大事にしよう。

最後に、メンタル面では私がこれまでも大事にしてきた成長の手段「ホームに安住せずにアウェイに行く」をやろうと思った。いつも同じメンバーとばかりやっているとメンバー間の関係性も固定化されてしまいあまり成長が見られなくなる。たまに全く知らない人と対戦すると緊張することも多いが、その緊張を乗り越えて知らない人と真剣に向かい合った経験ががあればこそ自信が持てることも多い。インドアでしかテニスをしたことがない人は、屋外の暑さや寒さ、風や湿気などさまざまなコンディションでの経験が少ない。ならば、さまざまなコンディションをできるだけ体験することで、自信を持とうじゃないか。

そんなわけでおじさんたちには「武者修行に行ってきます」と言ってお休みを宣言した私なのであった。

目玉焼きの練習

先週の金曜は夫は仕事が休みだったので夕食を作る宣言をしてくれた。

帰宅したところ、夫はクライミングジムに出かけていて、冷蔵庫に貼っているマグネット式のホワイトボードに献立が書かれていた。

作られていたものはこんな感じ。

夫は常々「トマトを切るのは得意」と言っている。あと、今回は、昼に目玉焼きを練習で一度焼いてみてから、本番の夕飯を作ったと言っていた。

ハムステーキは「焼いただけだから」と謙遜していたが、本当に難しいのは目玉焼きである。練習までして挑んだのは偉いぞ。

趣味を続ける秘訣 最後

私が電子工作をほそぼそと続けている理由。それは電子パーツになんだかそそられたり、半田付けがすごい楽しかったりするからだ。

続く趣味、というのはそういう「肌に合う」感じが必要だと思う。

そして今の私には(何年も前から)「アナログ回路の勉強がしたい」という気持ちが強くある。私はソフトウェア畑の人なので、ハードのほうはあまり理解ができていない。ソフトウェアを生業としているからこそ、ソフトウェア制御の先でモノが動くところを見るとちょっと感動したりする。しかしいかんせん、電気の知識が足らない。回路設計の知識は全然足らない。

で、何冊も「電子工作入門」みたいな本を買ったのだが、だいたい私のようなものには説明が足らない。見開き2~4ページでオームの法則が解説されたあと、同じような分量でインピーダンスの説明があったりトランジスタの説明があったり、それからオペアンプに行って、となるが、アナログ回路の設計がそれでできるようになるかというと全然できるようにならない。

しかし、ついに先日とても良い本に出会った。トラ技ジュニア教科書のシリーズの『絵解きと計算と実験 アナログ回路の教科書』である。オームの法則の説明から、ちゃんとデジタルテスター2個を使った実験写真がたくさん載せられており、ひとつひとつ実験して動きを確かめられるようになっている。ページ数がたっぷりあり、章の終わりの課題もちょうど良い難易度だ。

これに加えて時々やっていたのは電気計算の練習課題である。これも自分にとっては理解が深まる学習だったと思っている。素人なので進捗は亀の歩みだが、自分の理解できる範囲が少しずつ広がるのはとても楽しい。

そんなわけで趣味を続ける秘訣の3つ目は「適切な課題設定」であり、それを補助してくれる書籍やツールなのかなと思う。

4つ目を挙げるとすれば、当然、一緒に趣味を楽しめる素晴らしい仲間たちということだと思うけど、まずは一人で自走できる力があってこその仲間との時間だと思うので、今回は自分自身がどうすれば趣味を継続できるかについて書いてみた。

趣味を続ける秘訣 続き

趣味を続けるためには多少なりとも継続的にお金をかけていくことが大事だと昨日書いた。

ところで、電子工作界隈には素晴らしい作業机を公開されている人がたくさんいて、その公開された机を見て憧れたりしている。クリエイティブな行為に夢中になると作業場はとっちらかることが多いのだが、趣味の継続のためには定期的に「場を整える」みたいなことをしないといけないなあと思っている。

私は自室の壁の一面を下の写真のように区切った本棚を作りつけているので、今はそこを少しずつ電子工作の道具やパーツの整理場所にしたいなあと思っている。先日は三段の引き出しのついた小物入れケースを2個買い、設置した。バラバラにケースに保管していたユニバーサル基板やジャンパー線、各種乾電池などをようやく整理することができた。

カーボン抵抗器は、私はダイソーで買った名刺入れに分けて保存するようにしている。

ちょっとまとまった時間ができたとき、その時間を物づくりに振り向けるか、片づけに振り向けるか、悩むところではあるが、きちんと整理された場所を用意するのもまた、趣味を続ける秘訣だよなあと思う。

趣味を続ける話、次回にもうちょっと続きます…。

趣味を続ける秘訣

夫が数年前からちょこちょこアウトドアスポーツの道具やウェア、携行食などをネットでよく買うようになっていて、それを見て正直「もう似たようなものを持ってると思うのに」「無駄遣いだなあ」などと思っていた。私はといえば、趣味を始める際にいろいろ揃えるところまではお金を遣うが、意外とそのあとは「持ってる道具でどうにかしよう」と思って財布の紐を締めるタイプである。

しかし、先日ハッと気づいたのであった。趣味を続けるってある意味でお金を使い続けることでモチベーションを維持する必要があるのだなということに。逆に言えば出費が苦にならないものでないと趣味は続かないのではないか。

そういえば、この2年ほど社の50周年のことに忙殺されて電子工作をやっていなかったなあと思い、ちょうどいま新人にRaspberryPi研修をしているのもあって、なにかちょっとした工作の道具を買いたいなあと思って、LEDチェッカーを買った。

ピンセットみたいな形状で、LEDの足にそれぞれ接触させることで導通チェックするというものである。

買ったあとでそういえば、別のLEDテスターを持っていることを思い出したのだが、こういう簡単なものもあってもいいなと思った。たとえばマルチカラーLEDだとどの足とどの足をつなぐかで何色が点灯するかが変わるというのを、初めてマルチカラーLEDを使う人に見せてあげたりもできるし。

久しぶりに道具を買うとわくわくするものだ。電子工作の世界ではいろんな面白い道具がいっぱいあって、それに心惹かれて始めたんだったなということを思い出させてくれた。どちらかといえば私自身はケチ臭いタイプなのだが、それが趣味のモチベーションを下げることにつながっていたのはおおいに反省するところだ。

沼にハマるとは無限に課金することなのは当たり前じゃないか。何を今さら。と仰る人も多いかとは思う(心当たりがあり過ぎる)。

でも、どんどんお金を注ぎ込むことは怖いが、怖いなりに目標を持って課金しながらモチベーションの炎を消さないようにと意識するタイプの人間がここにいます。

「死」について紙の本で読む

未だに結論が出ない。 電子書籍にすべきか。紙の本にすべきか。 電子書籍は入手し易いし、家の中に本が溜まらないので良い。だが、どちらかといえば紙の本に気持ちは傾いている。「あのページに書かれたあの文章」に立ち戻りたいときに早く物理の位置にアクセスできる。電子書籍で買っても気に入ったら紙の本を買い直したりもする。

多くの日本人はもう決めたのだろうか。電書か。紙か。

今は久しぶりに図書館を利用している。

最近読んだ本。

この中ではスタッズ・ターケルの「死について」をお勧めとして挙げておきたい。表紙の装丁も良い。「あらゆる年齢・職業の人たち63人が堰を切ったように語った」というキャッチコピーも良い。中身はカジュアルなしゃべり口調で訳してあるし、一人ひとりのインタビューはそんなに長くないので拾い読みにも適している。職業は医師もいれば女優もいるし、消防士、また、被爆者や子供を殺された母親もいる。

本の作者のターケルという人は、父親と兄二人を心臓の病で亡くし、自身も狭心症で苦しみながら96歳まで生きた人であり、「死」をテーマにした本を書くというアイディアを30年も温めて実現した人である。

死を語る人々のインタビューはそのテーマゆえに心がむき出して、だからどの言葉もすっと入ってくる。死を恐れる人の言葉も、恐れない人の言葉も。

この中のインタビューで一つ選ぶとすれば、やはり原爆被爆者のヒデコ・タムラ・スナイダーさんのものだろうか。「被爆者は、恐ろしい死と恐ろしい生を耐えねばならなかった。そんなことは、もう二度とあってはいけないのです」。シカゴでソーシャルワーカーになることで、彼女自身は少しずつ救われたのだが、それでも故郷のイメージは死とともにあり、インタビューの最後は「命のかけがえのなさ」を呼び掛けて終わっていた。

鍵トラブル続く

弊社、本日から通常営業である。

さて、私の休暇はどうであったかというと一番大変だったのは車の鍵とスマホと自宅の鍵を車の助手席に置いた状態でインキ―ロックされてしまったことである。通常はありえないことである。何がトリガーになったのかさっぱり分からないが、私の車は電気自動車なので荷物を助手席に置いてからドアを閉める(この時点ではロックされない)、自動車を充電する電源ケーブルを抜く、ドアが施錠されている、という流れであり、電源ケーブルを抜いたタイミングぐらいで誤動作したのであろうか。

暑い日であり、スマホは車の中で誰にも連絡取れず、夫は剣岳に登山に行っているため不在で家の中に入れず、お金も持ってないという状況で「詰んだな」と思った。仕方なく隣の家に行き奥さんの携帯を借りていくつか連絡をしたりして、最終的には警察も来たりして、いろいろあって何とかなったのだが、焦ったというか、怖いなあと思った。子供やペットが車の中にいたりしたら、勝手に車の内側からロックかかったら本当に怖いと思う。

車のディーラーに電話をしたら「前例がない」と言うのだが、一応こんど調べてもらうことにしている。

そんな休暇を過ごした後、なんとなんと、今朝出勤しようとしたら、家の玄関が中からも外からも鍵が開かなくなってしまいただいまハウスメーカーのサポートに問い合わせ中である。

鍵難が続いてぐったりしているのだが、ここで目の保養に夫の最新作である豚しゃぶカレーを見ていただきましょう。わりとジャガイモや人参が小さく刻んであって努力のあとが見られます。